赤福餅の由来
小さなあんころ餅の一種。文献より少なくとも宝永年間1707年以前の創製とされ ています。赤とは赤心、福は幸福、つまり赤福とは、明るく清い心を持って人々が幸福を求めると いった意味で、伊勢神宮に参拝する精神を表したものとして神宮土産とされました。初めは塩餡で あったが、江戸後期には砂糖餡になりました。日保ちが良いのが特色ですが、普通の餅以上に砂糖 を加えています。
閉じる