茶飯の由来
うすく醤油・酒などを加えて炊いた飯。黄枯茶飯(きがらちゃめし)とも呼ばれてい ます。茶を煎じて湯に塩を加え炊いた飯に、大豆・小豆・栗などをまぜたものを奈良茶飯といいます。
閉じる