上用饅頭
上用饅頭とは、お祝い事に紅白饅頭としてよく用いられる和菓子。本来は薯蕷饅頭と書く。「薯蕷」(じょうよ)とは山の芋(つくね芋/大和芋)のことで、自然薯(じねんじょ)とも呼ぶ芋。この山の芋をきめの細かくすりおろし、砂糖と上用粉を加えた生地で餡を包み蒸しあげたもの。独特のやわらかさと白さがある生地で、シンプルで上品な和菓子。昔は一般庶民には口にできない高価なもので、貴族など位が上の者しか食べることが出来なかった。そのため上に用いる饅頭ということで上用饅頭とつけられたのが由来。
閉じる