鏡餅の由来
そなえもち・お鏡餅・ぐそくもち・すわりもち等各地に様々な呼び名があります。 足利時代正月に武家では男子には具足に、女子には鏡箱に、大小2個の餅を丸く平たくつくって、 これを重ねて供えました。2個重ねたのは日月を表し「一重ね」と呼びます。平安朝の時代より 正月と六月は歯固めといって鏡餅を食べました。1月20日には女の鏡の祝いといって、元旦に 供えた餅を煮て食べました。20日に祝うのは「初顔(はつかお)祝う」の意味です。 これが「鏡開き」の発祥で11日にあらためられたのは将軍家光の命日が月は異なりますが20日 であるため11日となりました。また鏡餅は人間の一番大事な心臓の形に似せたものとされ、且つ 米でつくったものは魂の象徴とされ特に鏡餅はその代表的なものです。
閉じる