柏餅
柏餅(かしわもち)は、平たく丸めた上新粉の餅を二つに折り、間に餡をはさんでカシワ、又はサルトリイバラの葉などで包んだ和菓子である。餡の種類は、つぶあん、こしあんのほか、みそあんなどがある。5月5日の端午の節句の供物として用いられる。カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされる。元々は東日本の文化の中で育まれたものであり、柏餅が登場したのは徳川九代将軍家重〜十代将軍家治のころ。参勤交代で全国に行き渡ったとされている。
閉じる