金団(きんとん)の由来
栗をふかして砂糖を包んでつくり、栗の色が黄色なので金団と呼ばれました。近世で はナガイモを煮てすり砂糖を加え、クチナシで着色して、これに栗、クワイの煮たものを混ぜたも のです。江戸末期の頃から餡そぼろをつけるようになりました。
閉じる