金鍔(きんつば)の由来
徳川五代将軍綱吉の頃、うるち米粉の皮で赤小豆の餡を包んで焼いたものが現れた。 これは「ぎんつば」とよばれましたが、銀より金ということで、江戸に移ると同時にさの皮も米粉 から小麦粉に変わり金鍔となりました。
閉じる