くずきり
葛菓子の歴史は古く、鎌倉時代に宋に留学していた僧が点心として持ち帰った記録があるそうです。
室町時代中期には今日の「葛切」が作られていて、江戸時代以降には「葛餅」「葛焼羊羹」「葛饅頭」「葛ちまき」とバラエティーに富んで行った。
「葛」の語源は、奈良県南部吉野郡の国栖(くず)と言われ、国栖には国栖人と呼ばれる土着民がいて、自生していた蔓草(かずらぐさ)を食用にしていたことから、その蔓草を「くずかずら」から転じ「くず」と呼ぶようになったと言われている。
閉じる