豆の粉の由来
大豆を煎ってから臼で引いて粉にしてふるいにかけたもの、いわゆる黄粉のことです。 「きな粉」という言葉は室町時代にはじまりもともと女言葉でした。一般には元禄時代からで、大 豆を煎って粉にしたときの色が黄色なのでそう呼ばれました。明治の本には豆粉をかなこと読むよ うに書かれているものもあります。
閉じる