最中の由来
もち米をこねて薄く伸ばし丸く切って焼いた皮を2つ併せて、中に餡を詰めた菓子を いいます。また15夜の夜の月そのものの意味ももちます。中秋の名月を象徴する丸い菓子 現在の最中の皮が考案されたのは明治に入ってからで焦がし種といいます。
閉じる