お火焚饅頭
十一月はお火焚(ひたき)の月。毎日のように各神社、町内の祠(ほこら)、火を使う染物屋や風呂屋などで火焚祭が営まれる。お火焚の供物の一つはお火焚饅頭(まんじゅう)。小麦粉、砂糖をこねた生地で、白は小豆こし餡、紅は粒餡を小判形に包み、蒸し上げ火焔玉(かえんだま)の焼き印を押す。厄よけ無病息災の祈りがこもる。
閉じる