鹿の子餅の由来
現在、鹿の子餅と呼ばれるのは、餅・求肥・羊羮のうちいずれかを賽形に切ったもの を中心にして、小豆あんで丸く包み、その回りに柔らかく煮た金時小豆を粉のまま鹿の子のように つける。また小豆粉のかわりにインゲン豆をつけたものを「いんげん鹿の子」といい栗を甘く煮て つけたものを「栗鹿の子」といいます。富山県高岡市の鹿の子餅の餅の中にはスズラ豆の蜜漬が散 らし込まれていて鹿の背の斑紋に似ているところからこの名がついています。
閉じる