外郎の由来
米の粉と黒砂糖を使用した蒸しようかんの一種。外郎薬の透頂香(とうちんこう)と 同じような形をしていたのでこの名がつけられました。この薬の名は薬を伝えた元朝の遺臣の名が 礼部員外郎でこの官名をとってつけています。これが菓子の名前になったのは「たん切り」という 餅菓子が、この「外郎」というたん切りの妙薬と色も形もにていたからです。
閉じる