お正月餅の飾り方
三宝(飾り台)に半紙を敷きその上に「うらじろ」を置き鏡餅を飾りの間に「ゆずり葉」を八の字状にはさみ上には昆布、干し柿、橙(葉付きみかん)を飾ります。特に台所(三宝荒神=衣食住を守護する神様)には三段重ねの鏡餅を供えます。いずれも一年間の家内安全、無病息災を祈願するお正月の大切な行事です。
(飾り方は地域やお家によって異なります)
閉じる