若鮎
楕円形に焼き上げたカステラ生地で求肥をつつみ、半月形に整形し、焼印で目と鰭(ひれ)の印をつけた和菓子である。鮎焼き(あゆやき)、あゆ、焼鮎とも。原型は租庸調として布を納めていたという故事にあやかり作られた、求肥を包んで成形した調布(ちょうふ)と呼ばれる菓子であるが、いつしか更に手を加えて鮎に似せて模られるようになったとされている。6月の鮎の解禁にあわせて売り出されていたが、最近ではゴールデンウィーク明けごろから見られる。主に本州の各地で銘菓として作られており、京都や岐阜などでは求肥のみを入れるが、関東では求肥と餡が入っていることが多い。
閉じる