茶飯(ちゃめし)の由来(ゆらい)
うす口醤油(くちしょうゆ)・酒(さけ)などを加(くわ)えて炊(た)いた飯(めし)。茶(ちゃ)を煎(せん)じて湯(ゆ)に塩(しお)を加(くわ)え 炊(た)いた飯(めし)に、大豆(だいず)・小豆(あずき)・栗(くり)などをまぜたものを奈良(なら)茶飯(ちゃめし)と言(い)います。
閉じる