さまざまな長命(ちょうめい)の祝(いわ)い事(ごと)
60歳(さい)(還暦(かんれき))
 生(う)まれ年(どし)の干支(えと)に戻(もど)るという意味(いみ)。赤(あか)ちゃんに見立(みた)てて 赤(あか)いチャンチャンコや頭巾(ずきん)を贈(おく)るならわしがあります。
また紫(むらさき)の布団(ふとん)を贈(おく)る習慣(しゅうかん)もあります。紫(むらさき)色(いろ)は虫(むし)がつきにくい ので、病気(びょうき)の虫(むし)もつかぬというまじないの意味(いみ)があります。

70歳(さい)(古希(こき))
 唐(とう)の詩人(しじん)・杜甫の詩(し)の「曲江」の一節(ひとふし)「人生七十才古来 稀なり」に由来(ゆらい)しています。

77歳(さい)(喜寿(きじゅ))
「喜(き)」の草書体(そうしょたい)が七十七才(しちじゅうしちさい)と読(よ)めるので、喜(き)の字(じ)を祝(いわ)う という意味(いみ)です。「老松(おいまつ)」を歌(うた)って祝(いわ)うことが多(おお)いようです。

80歳(さい)(傘寿(さんじゅ))
「傘(かさ)」の略字(りゃくじ)が八十(はちじゅう)と読(よ)めるからです。

81歳(さい)(半寿(はんじゅ))
「半(はん)」という字(じ)を分解(ぶんかい)すると八十一(はちじゅういち)となります。 また将棋盤(しょうぎばん)の目(め)が81あることから「盤寿(ばんじゅ)」ともいいます。

88歳(さい)(米寿(べいじゅ))
「米(こめ)」の字(じ)を分解(ぶんかい)すると八十八(はちじゅうはち)となります。 また「よねの祝(いわい)」ともいい特(とく)に目出度(めでた)いとされています。餅(もち)をついて 紅(べに)で寿(ことぶき)とかいて知人(ちじん)に配(くば)ることもあります。

90歳(さい)(卒寿(そつじゅ))
「卒(そつ)」の略字(りゃくじ)は九十(きゅうじゅう)であるからです。

99歳(さい)(白寿(はくじゅ))
百(ひゃく)から一(いち)をとると「白(しろ)」という字になるので、引き算によっ てできた言葉です。

100歳(上寿)
最も上までいきついたという意味です。長寿を上中下と分けて80歳を中寿、60才を下寿とも言います。

108歳(茶寿)
「茶」の字を分解すると十が2つ、八十と八になり、合計 108となります。 煩悩の数でもあり悟りの境地に入る年であるかもしれません。

111歳(皇寿)
「皇」の白は九十九、王は十二で合計111となります。
閉じる