五平餅(ごへいもち)の由来(ゆらい)
長野県(ながのけん)伊那(いな)地方(ちほう)の名物(めいぶつ)で、その土地(とち)の宮大工(みやだいく)の棟梁(とうりょう)五平(ごへい)が 毎日(まいにち)飯(めし)を握(にぎ)って味噌(みそ)を塗(ぬ)り、焚(た)き火(び)であぶっていたのが始(はじ)まりという説(せつ)と、 屋根(やね)葺き(ふき)職人(しょくにん)の五平(ごへい)が板(いた)の切(き)れっぱしに飯(めし)を塗(ぬ)りかため、その上(うえ)に味噌(みそ)を 塗(ぬ)り焼(や)いて食(た)べたのが始(はじ)まりという説(せつ)があります。
閉じる