求肥(ぎゆうひ)の由来(ゆらい)
中国(ちゅうごく)で牛碑(ぎゆうひ)と書(か)いて、祭礼(さいれい)に用(もち)いられていたものが日本(にほん)に伝(つた)わり、 牛(うし)の革(かわ)のように柔(やわ)らかいところから牛皮(ぎゅうひ)と書(か)かれました。江戸(えど)時代(じだい)に上杉(うえすぎ) 家(け)が、軍用(ぐんよう)食糧品(しょくりょうひん)として保存(ほぞん)が効(き)くので、牛皮(ぎゅうひ)を求肥(ぎゅうひ)と命名(めいめい)したともい われ、このころはくず粉(こ)・わらび粉(こ)・玉砂糖(たまざとう)を餅米粉(もちこめこ)に入(い)れて火(ひ)にかけて ねり水飴(みずあめ)を混(ま)ぜて冷(ひ)やしたものでした。
閉じる