引き菓子の由来
祝い事や仏事のときに参会者に引物として出す菓子をいいます。引くという言葉には 配るという意味があります。おもに白木でつくって縁高・角切り・折りなどに3ケ・5ケ・7ケの ような数で蒸し菓子・干菓子・生菓子をいれたものをいいました。近頃では社交的な普通の宴会で もみやげ菓子としてもちいられています。
閉じる