鏡餅(かがみもち)の由来(ゆらい)
そなえもち・ぐそくもち・すわりもち等(など)いろいろな呼(よ)び名(な)があり ます。2個重(かさ)ねるのは月(つき)と太陽(たいよう)を表(あらわ)しています。
そのころのお雑煮(ぞうに)は1月20日に、元旦(がんたん)に供(そな)えた餅(もち)を煮(に)て食(た)べました。 20日に祝(いわ)うのは「初顔(はつかお)祝う」の意味(いみ)で、これが「鏡開(かがみびら)き」の始(はじ)まり です。現在(げんざい)では11日ですが、将軍家光(しょうぐんけひみつ)の命日(めいにち)が月(つき)は異(こと)なりますが20日であるため変(か)わりました。
閉じる