かきもち
かき餅(もち)には「欠餅(かきもち)」と「掻餅(かきもち)」の2種類(しゅるい)があります。
欠餅(かきもち)は昔(むかし)、武士(ぶし)が鏡開(かがみびら)きをする時(とき)庖丁(ほうちょう)で「斬(き)る」のは武士(ぶし)が切(き)られることを意味(いみ)するので「引(ひ)き欠(か)いた」と表現(ひょうげん)したのが起(お)こりです。
閉じる