かしわ餅(もち)の由来(ゆらい)
かしわの葉(は)の上に、上新粉(じょうしんこ)と片栗粉(かたくりこ)を混(ま)ぜてつくった餅(もち)に餡(あん) をはさみ、編み笠(あみがさ)のように二ツ折(につおり)にしたものを包(つつ)んで、5月5日の端午(たんご)の 節句(せっく)につくるものです。
かしわの葉(は)を用(もち)いたのは、新芽(しんめ)が出(で)ないと古(ふる)い葉(は)が落(お)ちないので、家系(かけい) が絶(た)えないとされたからです。
閉じる