吉備(きび)団子(だんご)の由来(ゆらい)
1848年頃(ごろ) 岡山藩(おかやまはん)の家老(かろう) 伊木(いき)三狼斎(さぶろうさい)の勧(すす)めで吉備津(きびつ)神社(じんじゃ)の境内(けいだい)で売(う)られました。
1859年浅草(あさくさ)で「日本一(にほんいち)のきび団子(だんご)、昔屋桃(むかしやもも)太郎(たろう)」と看板(かんばん)を出(だ)して売(う)った者(もの)もいました。江戸(えど)時代(じだい)、岡山(おかやま)備前(びぜん)でキビをつくったところ豊作(ほうさく) だったので、それで団子(だんご)をつくり、吉備(きび)の国(くに)にちなんで吉備(きび)団子(だんご)と名付(なづ)け ました。
閉じる