金団(きんとん)の由来(ゆらい)
栗(くり)をふかして砂糖(さとう)を包(つつ)んでつくり、栗(くり)の色(いろ)が黄色(きいろ)なので金団(きんとん)と 呼(よ)ばれました。江戸(えど)末期(まっき)の頃(ころ)から餡(あん)そぼろをつけるようになりました。
閉じる