栗(くり)の種類(しゅるい)
ブナ科(か)。石器(せっき)時代(じだい)からあったとされるが、日本(にほん)で山奥(やまおく)にクリの木(き)を 植(う)えさせたのは、 武田(たけだ)信玄(しんげん)で飢(う)えを逃(のが)れるために植(う)えたそうです。
日本(にほん)の在来(ざいらい)栗(くり)は小(ちい)さい笹栗(ささくり)と中位(ちゅうくらい)の土用(どよう)栗(ぐり)、大(おお)きい丹波(たんば)栗(くり)の3種(しゅ)。
閉じる