最中(もなか)の由来(ゆらい)
もち米(ごめ)をこねて薄(うす)く伸(の)ばし丸(まる)く切(き)って焼(や)いた皮(かわ)を2つ併(あわ)せて、 中(なか)に餡(あん)を詰(つ)めた菓子(かし)をいいます。また十五夜(じゅうごや)の月(つき)そのものの意味(いみ)ももって います。現在(げんざい)の最中(もなか)の皮(かわ)が考案(こうあん)されたのは明治(めいじ)に入(はい)ってからで焦(こ)がし種(だね)と いいます。
閉じる