月見団子の由来
昔から我が国では秋に新穀の取入れが終わると、その新穀を神仏にお供えし感謝 をする風習がありました。藤原氏の時代の中期頃より宮中では9月15日の満月に新穀 を粉にしそれをだんごに丸くまるめ平年の年は12ケ、うる年には13ケと萩とすすきと共 にお供えしたとされています。 いつのころからか一般市民も9月満月の夜には月見だんごと萩とすすきを共にお供 えし日々の食物に感謝する事を忘れぬ様にしたと言い伝えられています。
閉じる