外郎(ういろう)の由来(ゆらい)
米の粉と黒砂糖を使用した蒸しようかんの一種です。
外郎(ういろう)薬(ぐすり)の透頂香(とうちんこう)と同(おな)じような形(かたち)をしていたので、この薬(くすり)を伝(つた)えた人(ひと)の名(めい)が礼部員(れいぶいん)外郎(ういろう)といい、この名(な)をとってつけています。
閉じる