よもぎ大福(だいふく)・くさ餅(もち)
よもぎやタカナなどの葉(は)を入(い)れてついた餅(もち)をいいます。 製法(せいほう)は二通(ふたとお)りで、1つは蒸(む)したもち米(ごめ)とよもぎとをつきまぜます。
もう1つは白米粉(はくまいこ)をこねて蒸(む)し細(こま)かく刻(きざ)んだよもぎをつきまぜたものです。
江戸(えど)では「草餅(くさもち)」、京(きょう)では「よもぎ餅(もち)」と呼(よ)ばれました。
閉じる