※君はいくつ「ヘェー」があったかな?
 秋(あき)は小豆(あずき)が収穫(しゅうかく)される季節(きせつ)ですね。小豆(あずき)は1サヤごとに熟(じゅく)す時(とき)がちがうので、 1サヤずつ手(て)で摘(つ)まなければならないんだよ。つんだばかりの小豆(あずき)はまだうすい エンジ色(いろ)をしているけれど、天日干(てんぴぼ)し(お日(ひ)様(さま)に当(あ)てて干(ほ)す)にして赤(あか)みを深(ふか)めて いくんだよ。
 小豆(あずき)ともち(もち)米(ごめ)をまぜて蒸(む)し上(あ)げるお赤飯(せきはん)。みなさんがお赤飯(せきはん)を見(み)かけるのは、結婚式(けっこんしき) や七五三(しちごさん)のお参(まい)り、赤(あか)ちゃんが生(う)まれたときなどお祝(いわ)いの時(とき)ですよね。
 でもこのお赤飯(せきはん)、なんと江戸(えど)時代(じだい)には「めでたくない時(とき)にお赤飯(せきはん)」だったのです。
 では、なぜ凶事(きょうじ)(悪(わる)いことが起(お)こったとき)に使(つか)われていたお赤飯(せきはん)が 祝い事(いわいごと)に使(つか)われるようになったのでしょう?
 江戸(えど)時代(じだい)に疱瘡(ほうそう)(今(いま)で言(い)う天然痘(てんねんとう))という疫病(えきびょう)(伝染病(でんせんびょう))がはやり、多(おお)くの人々(ひとびと)が 犠牲(ぎせい)になりました。あまりにすさまじい病(やまい)に人々(ひとびと)は疱瘡(ほうそう)の悪(わる)い神様(かみさま)がいて 疫病(えきびょう)をつれてくるのだと考(かんが)えました。 そこで悪(わる)い神様(かみさま)を喜(よろこ)ばせて早(はや)く帰(かえ)ってもらって病気(びょうき)を治(なお)そうと考(かんが)えました。 その神(かみ)は赤色(あかいろ)を喜(よろこ)ぶとされ、病気(びょうき)にかかった子供(こども)に見(み)せる絵本(えほん)や布団(ふとん)など 部屋(へや)じゅうのものに赤(あか)い色(いろ)を使(つか)いました。そこでこのころは、赤(あか)いということで お赤飯(せきはん)が食(た)べられました。病気(びょうき)が治(なお)った時(とき)も赤(あか)い色(いろ)のお陰(かげ)で治(なお)ったとされ、厄払(やくはら)い (悪(わる)いことを追(お)い払う)としてもう一度(いちど)お赤飯(せきはん)を食(た)べたのです。ですから、お赤飯は 疱瘡(ほうそう)にかかった江戸(えど)庶民(しょみん)にとってなくてはならないものだったのです。
 やがて江戸(えど)末期(まっき)になると疱瘡(ほうそう)を予防(よぼう)することができる様(よう)になり、庶民(しょみん)の間(あいだ)で 「病気(びょうき)を治(なお)すために赤(あか)いものを食べる」という風習(ふうしゅう)の意識(いしき)が薄(うす)れていきました。 ただその中(なか)で「病気(びょうき)が治(なお)った時(とき)の祝(いわい)としてお赤飯(せきはん)を食(た)べる」風習(ふうしゅう)が残(のこ)り今(いま)に至(いた)って いるのではないかと考(かんが)えられています。医学(いがく)の進歩(しんぽ)により病気(びょうき)を治(なお)すためのもの から治(なお)った後(あと)の厄払(やくはら)いのものとなったのです。
 また、毒消(どくけ)しの効果(こうか)のある「南天(なんてん)」はよくお赤飯(せきはん)に添(そ)えられますが、困(こま)った時(とき)に 「災(わざわ)い転(てん)じて福(ふく)となす」と難(なん)を転(てん)ずる願(ねが)いを込(こ)めた江戸時代の人々の思(おも)いが込(こ)め られていたものだと言(い)えるでしょう。
 さらに、赤(あか)い色(いろ)は小豆(あずき)の色(いろ)に関係(かんけい)すると言(い)われ、古(ふる)くから日本人(にほんじん)は赤(あか)い色(いろ)に特別(とくべつ) な気持(きも)ちを持(も)っていたようです。赤(あか)い色(いろ)が魔力(まりょく)を秘(ひ)めていると解釈(かいしゃく)され、赤(あか)い力(ちから) で不幸(ふこう)の厄払(やくはら)いをしてきたのです。
 お赤飯(せきはん)の赤(あか)い色(いろ)を幸福(こうふく)の赤(あか)として定着(ていちゃく)させたのは、苦境(くきょう)に際(さい)しても 何(なん)とか乗(の)り越(こ)えようとした、我々(われわれ)祖先(そせん)の前向(まえむ)きな生(い)き方(かた)だったのです。