トップ〜豆知識
あえて「本当の」としたのは一般に使用する「赤白」とは 全く別のものだからです。紅白の水引は一見深みどり色とも 黒色とも見え大変上品なものです。
現在では皇室関係のみに用いられています。
業務上ややこしいので、「赤白」を「紅白」と呼びますが、 お客様がこの「本当の紅白」をご要望になった場合は「皇室の紅白」と 呼ぶように統一しておきたいものです。

一般にいう「紅白の水引」で、赤い色は人間の血液(魂・心)を、白い色は清 浄性を表現したもので、日常的な御祝・進物にしようします。

男性と女性を表現しており現在では最も格が高く、主に結納や結婚祝などの婚 礼儀式に使用します。金が向かって右、銀が無って左です。

京都ではお正月に注連縄飾りなど吉慶の神事に使用します。

黄色は黄土を表したもので京都では、葬儀・年忌・法事に関係なく仏事には この水引を使用します。

黒と白は碁石の色でもあるように、勝負事など究極を表現したもので全国的に 仏事に使用されますが、厳しすぎるこの水引は京都では使用されません。 花嫁がご先祖に品をお供えする折に使用します。また、 キリスト教の葬儀の時に用いることもあります。
 
お問い合わせはこちらから リンク 求人募集 お問い合わせはこちらから