トップ〜豆知識
関東地方では、何度繰り返しても良いものには「蝶結び」を使用し、 二度と繰り返してはいけないものには「結び切り」を使用しますが、 京都をはじめ広く関西地方では「蝶結び」は略式の意味合いが強く、 何度繰り返しても良いものにも「結び切り」が使用されます。
真結び 淡路結び 蝶結び
 
お問い合わせはこちらから リンク 求人募集 お問い合わせはこちらから