お餅とお赤飯

お赤飯

様々な人生の節目を彩る「お赤飯」。
“ハレの日”を彩る大切な品だからこそ、
本当に美味しい物をお届けしたい。
そんな思いから、「ナルミの赤飯」は歩みを始めました。
「佐賀県産ヒヨクモチ」と「丹波大納言小豆」を贅沢に使った
「ナルミの赤飯」は、いつどこに出しても恥ずかしくない
自慢の逸品であると自負しております。

お餅

当店で使用する糯米は、全て「佐賀県産ヒヨクモチ」。
佐賀平野の豊かな自然に育てられた、
きめ細かな粘り気と豊かな香りを味わって頂く為、
保存料などは一切使用しておりません。
故に時間が経てば、硬くなりカビ等も生じます。
お餅は古来より、神様へも供されてきた大切な食べ物。だからこそ、
混じり気の無い”純粋な”お餅をお届けしたいと考えております。
「一生餅」や「産の餅」などのご要望にもしっかりお応えいたします。
ぜひ、様々な機会に「餅屋のお餅」ご利用くださいませ。

栗赤飯

9月上旬。丹波より秋の便りが届くこの季節に、
期間限定で販売しておりますのが「ナルミの栗赤飯」です。
大粒の丹波栗を惜しげも無く使用した名物は、
弊社三代目・鳴海力太郎が考案し、大正13年9月18日朝7時、
鳴海餅全店一斉に、京都で“初めて”売り出されました。
栗はその風味を最大限に引き出すため、
渋皮を少し残した状態に仕上げ、
その後、もち米・小豆とともに蒸し上げます。
シンプル故にごまかしの効かない、
旬の恵みがたっぷり詰まった京の秋の味覚です。

各種おこわ類

名物の「お赤飯」の他にも、
山菜を混ぜ込んだ「山菜おこわ」や、
白むしに桜花の塩漬けを和えた「桜おこわ」など、
季節に応じたの「おこわ」もご用意。
老若男女を問わず多くのお客様にご好評を頂いております。